薬を飲む女性と薬
病原体

カンジダは女性が発症しやすい病気の1つだと言えますが、この病気は何が原因で感染するものなのか知らないという人は少なくありません。感染理由を理解していなければ、知らず知らずのうちに発症しやすい行動に出てしまう可能性があるでしょう。発症しないようにするためにも、何が理由となって発症する病気なのか理解しておく必要があります。主に2つの原因があり、性行為によるものと体内に存在している常在菌によるものに分けることができるでしょう。

性行為によって感染するときは、カンジダになっている人とコンドームを使用せずに性行為を行ったことなどが感染理由となります。病原菌を含んだ体液が身体の中に入り込んだり、病原菌が付着した粘膜と直接的に接触したりすることで病気がうつってしまうでしょう。一方で常在菌が原因となる場合は、体内にもとから存在している菌が免疫力の低下などによって増殖すると、自己感染を引き起こすことになります。膣内や腸管内、口内などに存在していることが多い菌が原因となる病気なので誰でも感染する恐れがあり、特に女性の膣内に存在する菌による発症が非常に多いと言えるでしょう。

もっと具体的に説明すると、自己感染の場合は体内に病気の原因となる常在菌が存在する人であれば、他の病気や疲労の蓄積、不規則な生活などによって免疫機能が弱まっていると発症を引き起こすことになる可能性が高いです。その他の病気についても言えることですが、免疫機能が弱まっているときは悪い菌が体内で活動しやすいということなので、免疫力が低いときは体内で簡単にカンジダ菌が増殖してしまいます。免疫力が弱まることで原因菌が増殖しやすい環境を作ってしまうことも、カンジダを発症する原因の1つだと言うことができるでしょう。

カンジダは性行為がなくても自己感染によって発症してしまうことが多い病気であり、免疫力が低下している人ほど発症するリスクを高めてしまう病気だと言えます。この病気に感染すると性器など発症した部位に痛みやかゆみを感じるようになり、日常生活に支障が出てしまうこともあるような厄介な病気です。カンジダを引き起こす原因をしっかりと理解し、発症させてしまうことがないように意識して生活することが大切だと言えるでしょう。説明したようにカンジダは体内の常在菌が原因となって免疫力が低下したときに感染を引き起こしやすいので、この経路によって感染が起こらないように気をつけておくことが大切だと言えます。