• ホーム
  • 早期発見のためにもぜひ知っておこう!カンジダの症状とは?

早期発見のためにもぜひ知っておこう!カンジダの症状とは?

2020年06月20日
顔を抱えている女性

病気を早期発見するためにも、カンジダに感染してしまうとどのような症状を引き起こしてしまうのか理解しておかなければなりません。具体的な症状を知らなければ病気を見過ごしてしまうこともあるので、異変にすぐ気づくことができるようにしておきましょう。この病気は性行為がなくても発症する病気なので、普段性行為を行うことがない人でもどのような変化があらわれるのか知っておく必要があります。

カンジダは女性の膣内や外陰部に症状が見られることが多いですが、この場合は患部に痛みやかゆみを感じるようになり、排尿時に激しい痛みを感じるという人も少なくありません。特に膣内に感染が起こっている場合は、オリモノに異変が生じることが多いので、これによって感染している事実を知る人が多いと言えます。カンジダを発症するとオリモノは白くてカッテージチーズや酒粕のような形状のものに変化するので、普段の透明でさらさらしているものと比較すると違いが良く分かるはずです。オリモノが白っぽくなり固形状やドロドロしたものが分泌されたりする場合は、高確率でカンジダを発症していると言えるでしょう。

男性もカンジダに感染してしまうことがありますが、その場合は亀頭に異変があらわれることが多いと言えます。亀頭に感染した場合は亀頭に赤みが生じるだけではなく、何もしていないのに白いカスがポロポロと出てくるようになるでしょう。最初は汚れと勘違いしてしまう人もいるようですが、お風呂にしっかり入っているのに汚れがすぐに付着する場合や痛みやむずがゆさを感じる場合は病気になっている可能性が高いと言えます。

この他には口内に感染が起こる場合があり、この場合は口の中にカビが生えたような状態になることが多いです。綺麗なガーゼなどで拭いても汚れがなくならないようであれば、かなり高い確率でカンジダを発症しており、痛みやかゆみを感じることも少なくないでしょう。これは赤ちゃんや子供に起こりやすい部位だと言えますが、この場所に発症すると、痛みからごはんを食べたりミルクを飲んだりすることができないという症状があらわれることも多いと言えます。

カンジダを早期発見するためにも、感染したときにどのような変化があらわれるのかしっかりと知っておくようにしてください。感染する部位によって症状の内容は異なってくるので、部位に応じてどのような異変が起こるのか知っておくことが大切だと言えます。