• ホーム
  • 自分を守るためにもカンジダの予防方法に関する知識を身につけよう!

自分を守るためにもカンジダの予防方法に関する知識を身につけよう!

2020年06月22日
悩んでいる女性

性病の1つとして知られているカンジダは性行為がなくても発症してしまうことがある病気なので、予防方法に関する知識を正しく身につけ、自分を守るための対策を実践することが大切だと言えます。カンジダは性行為で感染する場合と自己感染で発症する場合がありますが、多くの場合は自己感染によって発症するので、性行為の際だけ予防に努めていれば良いわけではありません。日頃から自己感染しないような予防方法を実践する必要があるので、カンジダを発症させないようにしっかりと対策を実施するようにしてください。

性交渉による感染はコンドームの使用や感染者と性行為を行わないということで予防することができますが、自己感染を予防するためには免疫力を下げないようにすることが大切だと言えます。カンジダが発症する原因は体内にいる常在菌が異常に増殖してしまうことにあるので、これが引き起こされないようにする必要があるでしょう。常在菌の異常増殖は身体が弱まっているとき、つまり免疫力が低下しているときに起こってしまうことがほとんどです。意識して免疫力を下げないようにすることができれば、この病気を発症させる確率を下げることができるでしょう。

免疫機能の向上は他の病気にならないようにするためにも重要なことだと言えますが、これは規則正しい生活や栄養のある食事、適度な運動によって実現することができます。どれか1つでも欠けてしまうと免疫機能を弱めてしまう可能性があるので、食生活や運動習慣を含む生活を見直すことが大切です。3食きちんと食べていない、食事内容が偏っているという場合はしっかり栄養のある食事を3食とるようにし、運動不足だと感じる場合は普段から階段を使ったり歩く距離を増やしたりするようにしましょう。

その他にも原因菌が繁殖しやすい環境を作らないために下着を綺麗に保っておくことも重要なので、下着の内側に熱がこもってしまいやすい夏や暖房が効いている冬は注意しておく必要があります。定期的に清潔な下着に交換することによって、カンジダを発症させにくい状態にすることができるでしょう。こういった予防方法を知り、しっかりと実践していくことができればカンジダを発症させずに済むはずです。カンジダを発症してしまうと性器やその周辺に激しい痛みやかゆみを感じて大変な思いをすることになるので、厄介な病気にならないためにも予防方法をきちんと実践するようにしてください。